FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

笠井アナの本・・

震災後・・・ず~~っと感じてること・・・

報道されてる内容に温度差が・・・・

しょうがないことかもしれません!

そうなんでしょうが、TVをみていて落ち込むことも。。。

地元のニュースでは福島の抱える問題を取り上げて意見を交わしたり

うんうん!と共感することもありますが、全国版の報道情報番組では

また違ってたり、出演しているゲストの方たちのコメントに傷ついたり・・・

専門家の方も放射線に対し福島の地で少しでも過ごし意見を!って思ってしまいます

東京のスタジオから福島に向けての意見ではなく・・・

そんな中 この本を手にしてみました

特ダネでおなじみの笠井アナが書き下ろした本です

笠井アナは、おもに宮城・岩手の被災現場を取材した内容がかかれていました

mihoが以前住んでいた宮城県若林区の状況が詳しくかいてありました。

私たちもアノ震災 避難避難の生活でTVを見ていませんでした。

いや見れていませんでした。

宮城の人々 岩手の人々がどんな思いで環境で行動し、何を思っていたか・・・

もちろん報道する側の目線ではありますが・・・・
笠井さん

難しいと思います。

事実を伝えなきゃいけない立場 家族を亡くし被災者に向けるマイク

仕事として・・いや・・人間としてかける言葉 だからこそ踏入ってはいけない質問

笠井アナの葛藤や思いがかいてありました。

福島県の事はあまり触れられていませんでしたが、読んで良かったです


今日は 本の話題でした

スポンサーサイト

コメント


コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。