スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

もう一度会いたかった・・・ケイン君

本日 また可愛い子が虹の橋へ渡って行ってしまいました

震災前は2週間に一度 WANへ来てくれていた男の子です

名前はケイン君 シェルティーで12歳でした

自宅は3キロ圏内の大熊町です

震災後 ケインママさんから何度か連絡をもらい・・・・

埼玉に避難していたママさんを、丁度WANファミリーのI様が

宇都宮まで・・私たちが宇都宮に迎えに行き、ケインママを車に乗せ

大熊の自宅へ・・・そして無事に家の中に居た、ケイン君救出に成功

そして・・今日まで頑張りました。

心臓病を患っていましたが、みんなに見守られ虹の橋へ・・・・

12歳まで大好きな自宅のお庭で日向ぼっこをしていたケイン君

この半年は自分のお家へも帰れない中、頑張りました。

この震災 原発事故 どう?感じていたのでしょうか?

安らかにお眠りください・・・そしてまた、ケイン君と同じような眼差しに・・・

出会えることを願って・・・またね・・・ケイン君

ケインママさん、連絡有難うございます
「沢山助けてもらって・・・」ケインママさんはおっしゃいますが・・・
私たちも、残してきた大型犬がいたので、気持ちはわかります
そして、私も多くの方に助けてもらいました。。。
同じ気持ちです。。。
217ケイン

*避難する時 指示でバスで移動でした
その時にぺットは自宅へ置いてくるように
2.3日で帰れますから・・・との説明があったようです。。。

この様なペット達が沢山いました
実際は、帰れないままの現実がありました。
スポンサーサイト

コメント


震災から7ヶ月が過ぎた今でも辛い思いをされている方がいらっしゃるんですよね。せつなくて、言葉がありません・・・
お会いしたことはありませんが、ご冥福をお祈りいたします。

さくらママさんへ

有難うございます
現在も、いろんな気持ちを抑えて、現状の環境のもと、生活をしてる被災者です。20㌔圏内にはまだ、取り残されてる犬猫がいます。
また、シェルターなどで日々生きている命も・・・・

雪が降る前に・・海風が冷たく陸に向いて吹く前に・・・・私たちは何が出来るでしょうか・・・・?

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。