スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

楢葉っ子

今日も真夏さながらの暑さでした~

他県に避難している、お客様と会うことが出来ました

その方も昨日、一時帰宅したようです。

話すことは、当時の様子(3月11日)不安な気持ち

これからの事 家族の様子・・・そして一番長い話は、愛犬の様子でした

福島に早く帰ってきたいと、笑顔で話をしてくれました。


家に帰ると、子供たちが嬉しそうに・・・

「楢葉の○○先生から、成績表が届いた~」

嬉しそうに!!!!

連絡票

きっと担任の先生も手渡しをしたかったでしょう・・・・

遅れながらも「おっ!社会頑張ったね~」なんて・・会話も!

思い出が一つ増えました!




スポンサーサイト

一時帰宅

20キロ圏内の地域の方々は、3月11日以来
足を踏み入れることが出来ずにいました 。

私たちの両親が経営してた、従業員の寮が津波の災害からは、逃れ
そこに残しておいた物を取りに、一時帰宅したそうです。

3月11日ぶりの楢葉町・・・
な~~んにも変わっていなく、道路の陥没・地割れ崩れた家・真っ二つに折れた電柱・・
アノ日のまんま・・そして、目にする光景が懐かしく・・
(ここのお店で毎朝、飲み物を買い、ここのクリーニング店で制服をお願いし・・
 この美容院で髪を切り、ここのおじさんと話をして・・・)
と。。。思ったそうです

私たちも「ねぇねぇ・・庭荒れてた?○○の場所どうだった?」
と聞きまくり・・・
寮の台所が、腐敗臭だったそうです

もう・・3か月半も電気も止まったままで突然 町から離れたので
家も痛み、食料も腐敗が進み、その光景が時間を物語っています
「冷蔵庫の中もすごい事になってることでしょう・・・」

一時帰宅した方の中には、残してきたペットの亡骸に出会うことも・・・

私たちも、家(お店)があれば、帰宅したかったです。。
私たちの子供たちも「楢葉町どうなってるかな~?」
と口にしますが、放射線量の問題で子供たちは入れません

アノ日から・・・もうすぐ4か月です・・・・

情報

福島県は、雨が続いております。。。

この梅雨が放射線量を低くするとか・・・・

今は、誰が言ったか?この話を聞けば、雨にも感謝です

(宮城や岩手の被災地は、大変な雨ですよね・・どうか福島だけに降り注いでください・・)

さて・・被災者のペットたちへの情報です

7月の10日まで、治療費の助成金が続いてるそうです

今月の10日までだったのが延長されてるそうです!

今の時期 耳のトラブルが多いようです・・

また 高温多湿で皮膚トラブルも・・・助成金制度アリな時期なので

お近くの獣医の先生へ・・・・

では・・・また・・・

つながろう・・

先日 残念なお知らせが・・・避難していたワンコが熱中症で亡くなったそうです

避難先の車の中での事故でした。

今回避難している方(福島県浜通り)は涼しい海風もあったと思います

現在は、内陸。。盆地などに避難してる方も多くいられると思います。

震災からのストレスでペット達も弱ってきています

陽の当らない場所で風通しの良い場所を選び移動してあげてください。

鼻の低い子は余計に熱中症になりやすいようです。

熱中症になると・・・呼吸が異常に早くなり、舌の色も青くなります

ぐったりしていたら、命の危険!すぐに体を濡れたタオルなどで冷やしてください

そして早く獣医師のもとへ・・・

普段の食事からも、水分補給してあげてください

例えば、ドライフードを水で浸して与える

弱っている消化器系もやさしいご飯になります!

避難者の方で困ってる方・・・市町村へ問い合わせを!

サークル・ケージ・繋留チェーンなどあるかもしれません!

ケージなら、大きめのタオルをかけて日陰も作れます。

繋留チェーンなら、日陰になるところに移動しながら、つなげますね!

食べないフードも外に置いたままですと、ハエなど害虫が多く発生します

ペットの情報が欲しい方は・・・まず各市町村・保健所・近くの動物病院に問い合わせを!

シェルターの中には、設備も充実して、飼い主さんが会いに行け、お散歩も

OKな所もあります。見に行ってみるのもアリですね!

全国各地に避難してる方・・この夏を!乗り切りましょうね

また ネット環境のある方は、情報を近くに避難してる方に伝えてください

お願いします・・・つながろう!頑張ろう!東北! 福島!!




継続は力なり

今日は気持ちのよい青空が広がりました

私たちは、郡山開成山公園で行われた清掃活動へ・・・・

クリーニングダストマンドッグズさんが、郡山市内の公園を毎月行っている

活動です。今日は愛玩動物協会福島県支部も合同で清掃です

大君も参加しました
619大

大夢臓・チョコも参加・・・

公園はたばこの吸殻やお菓子のナイロン・コンビニのゴミが・・・

植え込みの中には、犬の糞が・・・・

私達が、避難している地域でも4月の中頃から

「ここの場所で犬の排便禁ずる!」
「常識ある行動が出来ぬなら、犬飼うべからず」

と・・手書きの看板が・・・・

犬を飼ってる方、守ってほしいものです
(もちろん被災者の方も、地域環境を守りましょう・・・)

暑い中 みなさん約2.5キロのコースをキレイにしました
619クリーン

継続は力なり

参加者のワンちゃんも、途中休憩・・・
穏やかな表情です
2619クリーン

出来ることから、頑張っていきましょう~

この後 体育館で避難しているワンコのもとへ・・・・

以前 雨にぬれていて、エアトラベルキャリーをお渡ししたワンコ

行ってみたら、自分のハウスになっていて、嬉しい思いになりました
619チョッパー

クリーニングダストマンドッグズの方
今日の参加者の皆さん 御一緒でき楽しかったです
お疲れさまでした~

教えて!つむぎちゃん

現実に毎日・・震災後も私たちと彼と彼女達の生活は・・・
あまりかわらず・・・ドタバタです。

今日も、朝起きると・・・この光景が。。。

またやられた110618_063130

どうして、ワンコ達は、この綿棒を狙うのだろう・・・・
昨晩 テーブルに出しっぱなしの私が悪いのだけれども・・・

わが子たちが、それぞれ咥えて遊んでいた・・・
最初に、この遊びに入る・・スターターは?

紬なら・・・・知ってる!!

「ね?知ってるでしょ?」
つむぎさん
紬・・・それ・・みんなに配るキャットフードの物資ですよ!!
結構この高さが好きらしく、長時間います
なので、綿棒遊びの最初にやった子・・スターターを知ってるでしょ?

でも・・・こんな風な悪さ、悪戯もあり、日々癒されてるのも事実・・・

そうそう・・くろろは4月に4歳に・6月14日藻茶が7歳・モカは15日4歳になりました~
そろそろ、大人のレディ~として、綿棒卒業しましょうね?


「私達・・やってません!」って顔してます・・・・
もしかして・・・・???
つ・・・むぎ??

大震災後・・・スタート

沢山のコメント有難うございます。
震災から、なかなかPCが無い生活だったため、またこうして
ブログスタートして皆さんの声が届けられて、励みになっております。。

今日は大震災と避難生活から、誕生したジュニ&モカのお話です

1月の終わりに・・ジュニとモカちゃんの交配・・・
もちろん!飼い主様の予約がありましたので・・・
WANにとっては約1年半の出産です!
予約を頂いてる飼い主様もカフェに来て、楽しみにしていてくれていました

3月11日の震災が起きるまでは、順調に・・・・

そして。。あの震災
避難5か所をまわり・・今のお家へ・・
その中でも、お腹は大きくなってきています。

友人の勧めの病院。獣医の先生へ診察・・
3月28日 X線 の結果、3匹の赤ちゃんが確認
「1匹は正常向き、後の2匹は逆子だねぇ~」
でも、ママの骨盤より赤ちゃんが小さめで大丈夫でしょう~とのこと・・

3月31日 震災から20日後
pm5:20 第一子誕生 クリームの元気な女の子誕生
(次からは逆子だね~と・・・頭をよぎります)
なのに!すぐさま第二子誕生 クリームの女の子
またまた第三子誕生 モカちゃんの子で初めての男の子 アプリの毛色
3匹みんな元気!今までで一番の安産でした
ママのおっぱいも元気に飲んでくれました。

私たちさえ、経験したことのない災害の中。。
良く生まれてきてくれました。

予約のオーナー様は・・みなさん避難中と原発で立ち入り禁止区域
こればかりは、しょうがありません・・・・

元気にコロコロ大きくなっていく子犬たち。
その頃、偶然にもWANのブログを読んでくださっていた方に出会ったり
「モカちゃんの子を是非、我が家へ・・!」と言ってくださり
良縁に恵まれました・・・

6月に入り、オチビちゃん達は、それぞれ巣立っていきました

ジュニ&モカのおこちゃま。。。男の子
モカの子犬

この震災で、日々。。凹んだり不安になったり。。
でもこの犬たちに沢山救われています。
お散歩で出会ったワン仲間もできましたし・・・ね!
また・・多くの大事な家族(ペット)を虹の橋へ見送られた方もいるでしょう
いままだ、わが子を探してる方もいることでしょう・・・

私も、震災しばらくは、WANのブログを見る勇気がありませんでした
まだ、平和だったカフェを見るのが、辛くって・・
だって。。戻りたくても戻れないし・・・

震災後 少しずつ前に向くことができたのもワンコ達の日常だったり
友人 仲間 そしてブログスタートでの暖かいコメント
本当に有難うございます

子犬達が大きく成長するとともに、私たちも元気になって行きました
子犬が新しい家族とスタートしました。
私たちも,スタートしなくっちゃ!です!

震災後 嬉しい出来事の、出産と新しいスタートの報告でした

大震災から・・・

約3か月ぶりのブログスタート・・
沢山の応援コメントありがとうございます。
私たちの心の中に・・・沢山のワンコとオーナー様の笑顔が浮かびます
みなさんも、大変な震災を経験しながらもWANを・・私たちを心配して
いただき、本当に有難うございます。

3月12日・・私たち姉妹は車の中で一睡も出来ずに夜が明けました
とにかく寒かった・・・
am9時すぎ・・「第一原発の方で不具合が・・・楢葉は○小・平の○小へ・・」
の避難指示・・楢葉からだと普段は30分たらずで到着の距離
しかし・・実際は5時間もかかりました・・・
一睡もしていない私たちは、かなり大変な避難移動となりました
ラジオからは、原発の緊迫した状況が・・・避難体育館は、かなりの人です
しかし、各自避難移動して人がすくなくなり・・入りきれない人の数が、夕方にはすくなりました

夕方 メールが入り・・・
(湯本には、仲よくしていただいてる方がいて)「犬ともに、おいで!」
と・・・本当にありがたいです
この日から、原発の事故に関心が・・・
放射線の見えない恐怖・・・もう一度来るといわれているマグニチュード7クラスの地震
それだけでもパニックになりつつあるのに。。チェーンメール情報など・・
精神的にかなり恐怖でした。そして、また余震
もう・・常に揺れている感覚
それと・・逃げるにもガソリンがなく・・そして原発の爆発ニュース

犬たちもかなり疲れていました
何時間も車の中でキャリーに入れたまま・・・
こまめに排泄させていたつもりでも、臭いはついてしまいます

親戚の家にお世話になったり・・今いる所に落ち着くのに5か所の移動でした

その間に 小型犬は風邪をひいてしまい、獣医の先生も避難していなかったり・・
「私たちどうなっちゃうのだろう・・・?日本どうなっちゃう?」
なんて思いました。。

3月11日に逃げてきた服のままでしたが、私たちの携帯やPCの安否情報
などで連絡を頂いた友人やお客様から沢山の物資が届けられました
有り難く・・感謝感謝でした

3月31日には、ジュニ君 もかちゃんの赤ちゃんが3匹誕生しました
オス1 メス2でした
御予約での繁殖でしたが、みなさんも自宅に戻れない状況
こればかりは、やむをえません
そして新たな飼い主様へ・・・無事に決まりました

福島はまだ、原発の事故が収束していません
沢山の情報 放射線の恐怖と不安 うわさ・・風評問題
家族がまだ見つかっていないのに、その土地を離れなくてはいけなかった・・
そんなやりきれない思い・・悔しさ・・
でも・・・みんな耐えています 頑張っています

遠くに住んでる方達より、物資やボランティア 励まし・・・
有り難く思います・・勇気ずけられました


私たちは、元気で日々過ごしております
また・・・皆さんに愛された、あのWANを・・と思い。。
希望に頑張っています

悪いことばかりは続きません!やまない雨はありません・・・
みなさんに、会える日を楽しみにしております・・・・






大震災から・・・3月11日

WANを応援してくださった皆様へ・・・

3か月ぶりです・・・・
このブログも3月10日で止まったままでした・・・
まずは、皆様に・・WANのスタッフ一同元気です
mihoもkumiもkanaeも・・・大・福・藻茶・のん・ミー・ナル・くろろ・もか・大夢臓
ジュニ・チョコ・ANN・パン・レイそして・・猫の紬
ぜ~~~んぶ大津波から逃げました!
あの日お預かりしていたMダックスとピレのクララちゃんも・・・

どこから、報告してよいか・・・・

3月11日・・・・
あの異常なほどの揺れ・・・大地震
1Fのカフェには、mihoとkumiがいました。。
すごい揺れの中、カウンターの手すりにつかまりながらお互いの顔を
見て、立ってるのがやっとでした・・・
私たちは、すぐさま、井出川の水が下がっているのを目にしました
「逃げるよ!」
2Fでトリミング中のkanaeにも指示
トリミングで預かってるワンコを先に車に乗せました
その後、我が家のワンコ・・キャリーをありったけ出して詰め込みました
詰め込む・・・そんな表現がぴったりな現状でした。。。
車を置いてある地面が約80センチほど下がっていました
ワンコを車に乗せている間にも、道路に亀裂が走って行きました
余震も襲いました
海も空も真っ黒になったのを覚えています。(午前中は青空だったのに・・・・)

1か月前に交配していて、少しお腹が大きくなりつつあったモカがいません!!
階段なんか登れないモカが、パニックでガラスだらけの階段を上り2Fへ・・
その時、聞いてはいませんでしたが(大津波)、私の中で「時間がない!」って、思ってました。

そして、ほどなく・・「8分後には大津波がくるぞ~~!」と消防の方でしょうか?

大型犬の犬舎から4匹のワンコを車に乗せました
中学生の息子に「大事な物、一つだけ持ってきなさい!きっと津波で持ってかれるよ!」
そうするとリビングのケージに入っていた猫の紬を抱きかかえてきました

そして、うねる道を走らせ、亀裂の入った道をよけながら逃げました
いつもの道が違って見えます 崖が落ち砂煙が上がってます
井出川の水が少なく・・・やけに静かです。。

後から聞いた話では、紬は腰を抜かして、ジタバタしてたそうです。。。
こうしてWANのスタッフ 家族 ワンコは逃げました
楢葉町の避難場所について、ほどなく雪が降ってきました

避難場所に到着すると、近くに住む方から、衝撃的な事を・・
「mihoちゃん達のお店と自宅、もう無いよ!アノ辺一帯 な~~んにも無い!
 橋も家もお店も道なんかも何処にあるっ?て感じだよ・・・」
携帯の時刻を見たら午後3時26分・・・・
逃げてきたからか?「え??さっきまであったよね?」って感じでした
そんな衝撃な事を聞きながらも、またまた余震です

そこらじゅうの人たち皆が寄り添いながら、しゃがみ込みながら地震に耐えます
小学校に子供たちを迎えに行ったり、雪が降った寒さからか・・体中が震えが・・・・
避難場所には、溢れる人たち。。。地面が波打つようにうねります
何処からか・・・?泥水が溢れています
小学校から上履きのままのわが子と再開・・・
「怖かったね・・・寒い?」
そんな会話の中も余震です

本当に着の身着のまま・・・
WANのスタッフと家族は、この日はこの避難所で一夜を過ごしました
mihoとkumiは車の中で犬達と・・・
会話は少なく・・(WANが無い?ドッグランも?カフェも?入口の扉も?
子供たちの写真も?ワンコのお気に入りのベッドも?)
当たり前の日常の光景が何度も思い浮かびます。。。

ガソリンが無くなる事も、その時の私たちは予想もせず、わんこ達のために
車を温めながら・・・一晩を過ごしました・・・

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。